包茎のデメリット

包茎のデメリットについて、ご説明しましょう。包茎になる
こと自体よりも、それ以上に包茎になった人が必要以上に
気にして悩む人がいます。しかし、その人が思うほど深刻
な事態ではありません。包茎に関するさまざまな噂やデマが
飛び交い、「包茎になると、女の子にモテない」とか、
「包茎になると早漏になりやすい」といった話を聞くこと
がありますが、決して、そんなことはありません。

包茎のデメリットは、そのような根も葉もないウワサに
とらわれて、劣等感を持つこと、それによって、人間関係
にまで影響するケースがあるということです。とくに思春期
の時期に悩む人が多く、合宿や修学旅行などで、集団でお風呂
に入ることが苦痛になる人もいます。包茎になって、自分に
自信が持てないという人もいますが、日本人男性の6割も包茎
の人がいるという統計データから見ても、それほど気にする
ことはありません。

亀頭が常に包皮で覆われている状態では、刺激に弱い状態と
なり、早漏になりやすいと言われていますが、その対策法と
して、刺激に強くなれるようにすればいいのです。刺激に
強くなれるようにするには、お風呂に入ったときに、適度に
ペニスをゴシゴシ洗うことです。もちろん、こすりすぎは、
禁物ですが、適度に刺激を加えて洗うことにより、ペニスが
清潔な状態に保たれるとともに、早漏でなくなり、手術の
必要もなくなります。

包茎になると、ペニスの状態が不潔になりやすく、包皮の
部分が亀頭を覆っている状態なので、通気性が悪くなり、
バイ菌がたまりやすくなります。日ごろから清潔な状態を
保つことによって、感染症などの予防ができます。

当サイト人気コンテンツ

★ デメリットを考える
★ 注意点を知ろう!
★ カントン包茎Q&A
★ 治療方法について
★ 手術の流れは?
★ クリニックの選び方



Copyright (C) 2007 カントン包茎@解説NAVI All Rights Reserved.