カントン包茎とは

包茎には、さまざまな種類がありますが、真性包茎と仮性包茎
の中間ぐらいの状態のことをカントン包茎と言います。それでは、
真性包茎と仮性包茎について、わかりやすく説明しましょう。

真性包茎は、常に皮をかぶり続けている状態のことを言います。
仮性包茎は、自分の手でむくと、ちゃんと亀頭が露出する状態
になることです。カントン包茎は、もともと包皮の開口部が
狭い状態になっていて、無理をすれば皮はむけますが、亀頭の
根元まできた皮が、常にペニスを締めつけた状態となっている
ため、痛みをともない、人によっては、痛くてたまらないと
いう人もいるほどです。

単に痛みをともなうだけでなく、皮を剥いて、そのあと元の
状態に戻らなくなる場合があります。元に戻らないと、亀頭に
血液が通わなくなり、鬱血した状態になることがあります。
血液循環の悪化から、最悪の場合には、亀頭の部分が壊死する
というケースもあります。

カントン包茎には、さまざまなケースがみられます。包皮の
開口の部分が狭くて、皮をむこうとしても剥けない場合も
あります。一般的に、真性包茎も皮が剥けないことが多い
ようです。真性包茎では、亀頭と皮の部分が癒着しているので、
剥きにくくなった状態です。

痛みをともなうことに、我慢する必要はありません。無理に
いじめことで、かえって症状が悪化して、血液循環が悪く
なると、大変なことにもなりかねません。異変を感じたら、
すみやかに医師の診察を受けることが必要です。包茎の治療
には、まず泌尿器科での診察をおすすめします。

当サイト人気コンテンツ

★ デメリットを考える
★ 注意点を知ろう!
★ カントン包茎Q&A
★ 治療方法について
★ 手術の流れは?
★ クリニックの選び方



Copyright (C) 2007 カントン包茎@解説NAVI All Rights Reserved.